タイでパワースポットに行きたい!

各国色々な場所にパワースポットと言われる場所がありますが、

本当にプラスのパワーがあるかどうか

確認してみました。

 

タイに行って、目を引くのは
こんな乗り物。

トゥクトゥク。

けれど、便利そうで実は便利ではない
かなり微妙な乗り物です。。

見た目は珍しくて、乗って楽しいけれど
観光客は必ずボッタクられるという何ともふざけたものです。

必ず乗る前に目的地を伝え、
その後に値段を交渉してから
乗り込みますが。

タイではタクシーアプリgrabが使えます。
grabで相場の値段を調べると
大抵その値段よりはるか高めの金額を
提示されます。

そして結局はgrabの相場の値段で落ち着くという。
交渉して値下げをさせた満足感と
英語が通じた満足感は得られます。

そもそも、エアコンはないし、
渋滞大国なので排ガスまみれになるし
ボッタクる気満々の運転手を相手にしなければいけない

最初は面白いけれど、
1回で十分なのがトゥクトゥクです。

タイのバンコクは渋滞が多く
基本的には電車移動をオススメします。

バンコクのパワースポットは、
意外と電車移動に便利な場所にあります。

1.タイのプラスパワーの場所

エラワン の祠にあるブラフマー像

デパートの一角にあって、
毎日入れ替わり立ち替わり観光客や
地元の人々が訪れます。

このブラフマー像にいたずらをした人がいて、
怒った現地タイ人たちにリンチにあったり

テロリストが顔の半分を爆破したり

車が突っ込んだこともあるという

いわく付きのブラフマーです。

けれど、ありとあらゆる願いを叶えることで
有名になっています。

ちなみにお供えを買って、
供えるようになっていますが、

特に買わなくても大丈夫です。

お客様でもガネーシャにお供えをしたいと
言う方もいます。

お礼にお供えをすることは構いませんが、
お供えをすると願いが叶うわけではないです。

そして、これまたデパートの中にある
伊勢丹のガネーシャ

日本の常識は、ゴミゴミしたところに
あまりパワーの強いものはないという
そんなことを考える傾向にあります。

ゴミゴミしている場所だけれど
パワーが強いガネーシャでした。

ホアヒンという海辺の町で
たまたま立ち寄ったお寺にいた
ガネーシャ像です。

2mほどの身長でした。

お願い事も普通に叶えてくれます。

2.有名だけれど、パワーは普通?のスポット

有名なピンクのガネーシャです。
特にそんなに力がある感じではないです。

お土産話に行くと楽しいかもしれないです。

ドラえもんやドラゴンボールにも
出会うことができます。

遊園地みたいな場所です。

エラワン 博物館。

エラワン 博物館も有名ですが、
特に何があるわけでもないです。

ただ、屋根の上にゾウがいるので
インパクトはあります。

3.タイのマイナススポット

光の洞窟。

見た目神々しいのですが、
入るだけで体が重くなり
私はお腹を壊します。

外には猿がいて、
目が合うと襲われます。

カンチャナブリにある洞窟です。

洞窟は基本的にあまり良くないようです。

外は線路を歩けて楽しいですが、
インスタ映えを狙って行くには
リスクが高い場所でした。

4.タイで面白い場所

カンチャナブリの田舎の方は
道路に普通にサルがいます。

そして、道路にはゾウに注意の
道路標識が。

 

バンコクも10年くらい前は、
普通に街中にゾウがいたそうです。

動物園のゾウでは物足りない。
ゾウと触れ合いたい人には
カンチャナブリのゾウ園がオススメです。

エサを直接あげるとかもできます。
このときはスイカをバケツに一杯あげました。

 

ゾウのキス。
首を絞められているわけではありません。

 

ここまでゾウと触れ合える場所は
初めてです。

ナイトマーケットでは、
たこ焼きが売ってました。

たこ焼き?

1パック4個入りで
約300円

日本で買う方が安いですね。

エビ焼きは、1匹100円
たこ焼きよりずっと安いです。

ホテルの目の前にあった
スーパー?
(googlemapによるとスーパーマーケット)

チャボを飼っていて、それをさばいて
フライドチキンにして売っています。

値段は1匹100円弱。

こんな見た目でかなりの美味。

そんなタイで、色々な神術ができました。