2019年05月12日メルマガ配信

おはようございます。
鈴木侑子です。

今日はスピリチュアルで仕事をしているリスクについて、お話をしますm(_ _)m

スピリチュアル系で働いていないし、あまり興味のないという方は、読み飛ばしてください。

私はスピリチュアル的な仕事をして、かれこれもう13年ほどになります。

仕事を始めたばかりの頃は、やれ、

地蔵がついている、妖怪がついていると言われました。

それを取り除いてもらうのにお金を支払い、

そしてまた、何か言われるの繰り返しです。

ただ、それが10年もすると変わってきました。

「霊障などほとんどない」と。

「霊的なものが原因で、物事が悪くなることは、ほとんどない」と、職場の社長に言われました。

「でも、昔地蔵や妖怪がついていると言われたのですが。。。」

「ああ、あれは、その時にいた子に合わせて言っただけ。」

「そうなんですか」

でも、私はその度にお金もお支払いしたのですが。

私と一緒に働いていた子も、色々と言われてお支払いしていました。

それも、今ではなかったことなのでしょうか。

そんなことを考えているうちに、自分自身に異変が起きました。

顔に激しい吹き出物ができて、真っ赤に腫れ上がってきました。
病院に行ってみてもらっても、多分アレルギー?と言われて、飲み薬と塗り薬を出されました。

「霊障なのでは?」

と社長に話をしても、

「そうだったら自分がすぐに気がつくはずだから。そんなはずはない」
ということでした。

薬を塗っても顔は治らず、滲出液が出て、更に酷い状態に。

そんな時に、国税局の査察が社長のところに入り、私の家にも査察官が来ました。

不思議なことに、その件があってから次第に顔は元どおりになっていきました。

なんだったのだろうと、思っていましたが。

虫の知らせならぬ、顔の知らせ?
などと考えていました。

それから月日が経ち、ある占い師さんのところに行った時に、

びっくりするくらい、霊を背負っていると言われました。

こんな仕事しているからね、そうなっちゃうのよねと。
取り除いてくれた後に、鏡を見せてくれました。

「ほら、違いはわかる?」

目の下のクマがなくなっていました。

私は、この仕事をする上で
悪いものから身を守らなければならず、

そのためにはバリアのようなものを張り、
そこから守ってもらえていると、
言われていました。

お客様には、そのバリアの効果を
あまり感じられない方も多く、

その度に修正を加えていました。

霊障は顔に出るという
その占い師の言葉に、
顔が腫れていた時期のことを思い出しました。

それから少しずつ、
霊障や念を取り除く練習をしました。

自分の顔やお腹の調子、
体の痛み、頭痛といった具合に、
わかりやすく症状がありました。

その度に取り除いていきました。

次第に、どこの誰がどの場所にいるかが、
わかるようになりました。

ガネーシャに何がいるのかを聞くと、
その実態を見せてくれたりもしました。

人の顔が見えたり、
何本もの手が見えたりもしました。

そのようなものの影響を受けない、
などということはありえませんでした。

ましてや、スピリチュアルの仕事をしていれば、
悪影響のあるものと、普通に向き合っていかなければ
いけなかったんです。

それができなければ、自分のことも、
お客様のことも守ることはできません。

近々、チャネリングやヒーリング、
エネルギーワークや神術ができるようになるセミナーを
開催する予定です。

その時に必ず、体を浄化する方法を学んでいただきます。

スピリチュアルの仕事は、
体を張る仕事だと、今は思っています。

何が自分のそばに来ても大丈夫なように、
綺麗にしていく技術をまずは身につけていただきます。