2019年05月17日メルマガ配信

恋愛も願いも叶えるゾウの鈴木侑子です。

今日はガネーシャの私の体験について、書かせていただきます。

ガネーシャは実はお酒好きです。

旅行の計画を練った時に、妙にお酒を飲むことがその計画に練り込まれることが多くなっていました。

私は普段あまり飲みません。
夜遅くまで仕事をしているので、お酒を飲む機会は一ヶ月に一回あるかないかです。

けれど、妙にワインを飲む計画が多くなりました。

東京駅の某ビルにて、ワインの試飲会があるから行こうと誘われ。

ゴールデンウィークは、なぜかワインを試飲して回るという計画に。

私の家にはガネーシャが数種類いて、ガネーシャの像も何体かあります。
お守りなのですが、さすがにワインの試飲に行くのに連れて行くのは。。。と思い、像は置いていきました。

山梨の勝沼というぶどうの郷でワインを飲みまくる計画でした。
旅館に着いてから、ワイナリーの集まっている場所までタクシーで出掛けました。

と?

なぜか周囲にガネーシャの像の気配が。
置いてきたはずなのに?

周囲は非常にのどかなぶどう畑が永遠と続いていました。

こんなのどかな場所についてくる理由でも?

そんな疑問はさておき、まずは地元名物ほうとうが、ワインと共に出てきて。

それを食した後は、ひたすらワイナリーを回りました。

勝沼の良いところは、手酌で試飲ができるところ。

東京駅でほんの一ミリほどのワインをケチケチ味見するのとは大違いで。

何杯飲んでも大丈夫でした。

もちろん調子に乗って、飲んで飲みまくりました。

妙に楽しくて、ずっと笑っていました。

さて。
帰って、妙にガネーシャの像が
静かになっていました。

山梨についてきて、そのまま消えた?
もしくは迷子?

心配になって、いつもの占い師さんに
みてもらうことに。

「あれ?」

らしくなく、自信なさげで、
何度もガネーシャの像に問いかけていた挙句、
言ったセリフが

「ゴールデンウィークだから
故郷に帰っていたらしい」

ということでした。

故郷ってお寺?

そもそも、故郷は日本じゃないのに
なぜゴールデンウィークに。。。。

「聞いてみて」
占い師さんにせかされて、
ガネーシャに尋ねると

「故郷で湯につかっていた」
という返答をいただきました。

日本にいると日本の感覚になるのだろうと。

更に、山梨にもついてきていたのも、
その通りのようでした。

置いていかれたけどついていき、
ワインを一緒に飲んで

私が気持ちが悪くなったり、
羽目を外してしまうのを防いだとか。

確かにあまり普段飲まない割に
今回はかなりの量をいただいて

それでも調子が良かったけれど。

今回は甘めの味のワインがとても美味しく
たくさんいただいて回ったのですが。

それもガネーシャの好みだったのか。。。

思えば、東京駅でワインフェスティバルに
参加して、妙に楽しくて

それなりに酔ったけれども
気分が悪くなることもなく。。。

それもガネーシャが
一緒に飲んだから。。。

今後の旅行の計画もあって、
それも妙にワインのことが気になり
ワインをどこで飲もうかということばかり
気になっていましたが。。。

実はガネーシャの影響だったとは。

ここ最近になって、お客様にも妙に
ワインやシャンパン、日本酒を飲んで
すごく楽しくて
という話が多くなってきました。

ガネーシャは陽気な神様で
お酒をこよなく愛するようです。。。

もしガネーシャを施術した後に
お酒を飲む機会があって
あまり酔わず、でも楽しく過ごせて
とても良かったのであれば
それは、ガネーシャの仕業かもしれません。