鈴木侑子とは

私はとある会社で
占い師として働いていました。

皆様の願いを叶えることを
仕事の内容としていました。

願いを叶えるための
術を施すというのが
私の仕事でした。

もちろん、
たくさんの勉強をしました。

術をするための勉強も
心理学や脳科学や語学も、
勉強しました。

セールスの仕方や
文章の書き方なども
自分のお金をかけて
たくさん勉強しました。

家族を置いて、
色々な土地へ出かけました。

子供が荒れている時期も
ありました。

その子供を置いて
出かけたりもしました。

子供が夜中に家を出たのに
仕事を続けたこともありました。

その後警察を呼んで
探してもらいました。

お客様にお子さんが
とても良い子になったと
言われて、

落ち込んだこともありました。

フルタイムで仕事をしながら
占い会社の事務仕事もしました。

一緒に働いていた仲間に
嫌がらせをされたこともありました。

掲示板に悪口も散々書かれました。

社長に小言を言われ続けたことも
一人じゃ何もできないくせにと
言われたこともあります。

一人で働けば、絶対に失敗すると
言われ続けました。

タイに行った時には
様々な体験がありました。

その中の一つが
ヒンドゥー教の神さまの
エネルギーとの出会いでした。

そのエネルギーを使用すると
様々な良いことがありました。

このエネルギーを使って
色々な人を幸せにしたい

そんな想いが
ムクムクと持ち上がりました。

私はずっと、
一人で働けば、絶対に失敗すると
言われ続けてきました。

ずっとそうなのだと
信じてきていました。

だから自分がやりたいと
思っていることは、
間違っていると

そんな風に思っていました。

私が今の仕事をしていると
知らない友人が

ある占い師の方を
紹介してくれました。

今の自分の思いを
聞いてくれる人が
欲しかったので、

その人のところに
会いに行きました。

その方は、私の顔を見て
私が何か聞く前に

「あなたにとって
良くない相手がいるみたいだけど
その人は誰なの?」

と聞いてきました。

その時の私には、
それが誰だかわかりませんでした。

話をした後に、
「今のところは良くないから
辞めて独立しなさい。
今年中にやるのよ」

「今年?」

その時は既に11月末でした。

「私の中では、あと3年くらい
かけてゆっくりの予定で」

それでも、できるのかなと
迷っていたのに。

「そんなゆっくりしている暇はないの。
そもそも、会社に長くいたけど、
独立するって、普通のことでしょ?」

独立するということが、
今まで悪のように語られていた私には
話が意外すぎてついていけませんでした。

「その人と離れることで、
お子さんのことも良くなるかもよ?」

以前の荒れていた時期に比べれば
子供はだいぶ改善していました。

悪いのは出席日数と、成績くらいでした。

離れることで、私の子供が
変わってくれるのか。

今まで10年以上も人の下で働いていたことが
そんなに間違っていたのか。

私に答えは出せませんでした。

「随分と強い洗脳をされているのね」

とても呆れたように言われたことを
ほんの数秒前のことのように
覚えています。

何よりも大切なのは
お客様が願いを叶えていくこと
それだけでした。

幸せだと感じて欲しい
まずはそこが何よりも大切でした。

自分の体でも色々と試しました。
家族も巻き込んでみました。

友人にも頼みました。

何をどうすれば、幸せになれるのか

どうすれば愛されるのか
どうすればお金が入るのか

絶対なものは本当にないのか。

毎日それだけを考えて
過ごしました。

そんなことをしているうちに、
社長との関係が壊れました。

自分の知らない間に、体調不良とされ、
強制的に休みとされました。

もう動くのは、今しかないのか。

恋愛が始まったり、
子供が普通に学校に行くようになったり

昔の友達から連絡があったり

なぜか周囲の環境が整って行きました。

私には、これが自分の背中を押す出来事だとしか
感じられなかったのです。

事務的引き継ぎを済ませながら、
また前回みていただいた
占い師のところに足を運びました。

「あら、良かったじゃない」
彼女の言葉は、いつも明快でした。

「それじゃね、教えてあげる。
どうすれば、その神様ともっと
仲良くなれるのか」

そして、いつも私をステップアップさせてくれました。

社長に辞めたいのかと聞かれ、
このままでは生活できないので
辞めることを伝えました。

体調不良の間だけ、家族に借金をすればいい、
などと色々と言われましたが。

「私は健康で働けます。
体調不良でもないのに休みません」

そもそもが、社長がでっち上げた
体調不良でした。

占い師のポータルサイトに登録を済ませ、
インスタを立ち上げました。

そして、名前をつけました。
私に色々と教えてくれた占い師から
名字をもらいました。

鈴木さんという方でした。

セールスの方法を学びながら
それを実践していきました。

不思議と人が集まりました。

年明け早々に、元所属会社の社長に
サイトを見つけられました。

その内容に、非常に怒っている様子で
弁護士を入れると息巻いていました。

関われば関わるほど、
悪影響を受ける気がしました。

「じゃ、弁護士を通してください」

直接のやり取りをしたくありませんでした。

何人かのお客様が声をかけてくれました。

色々と心配してくださったり、
励ましてくださったり。

私の周りには、良い方しか
いなくなりました。

環境が完全に整いました。

私がやりたいことは、
お客様の願いを叶えることです。

一人でも多く、少しでも強く
幸せを感じていただきたい。

だから、少しでも報告をいただければ、
嬉しいです。

少しでも声をかけていただけると
とても嬉しいです。